大学病院に行きました


昨日は、麻布大学獣医学部付属病院に行きました。
もちろんブーさんの足の診察の為です。


行って驚いたことは、ワンコ多過ぎってぐらいいっぱいのワンコ。
こんなに病気のワンコがいるのかと驚きました。
コーギー、柴、シェパード、ミニチュアシュナウザー、シーズー
レトリバー、なんとボルゾイまで!
朝の10時に到着しましたがまず、ブーさんの検査ということで
しばし病院の方にブーさんを預けることに。
血液検査とレントゲンを撮った後にやっと先生の診察です。ここまで3時間待ち。
診察室に入って驚いたこと2。
人いっぱい
なんか学生さんとか助手さんとかで総勢8~9人ぐらい。
てっきり先生だけとお話しするのだと思っていたのでびっくりです。
さらに驚き3。レントゲンの枚数がハンパじゃありません。8枚ぐらい
いろいろな角度から撮ってました。
んで肝心の診察ですが、まず
股関節形成不全は、ほぼ問題ないと言うこと
後ろ足もしっかり検査してくれました。たしかに関節の凹部分が浅いのですが
特に問題ないでしょうとのこと。先生の話によるとコーギーが両足を投げ出して
寝る体勢、通称「矢印」ができていれば股関節に痛みがない証拠だそうです。
痛みが酷いと足をまっすぐに伸ばせないということです。
で、成長版早期閉鎖の方ですが、足は尺骨が短くなってしまって足が外側にまがって
いるそうです。角度はレントゲンの上から分度器!で測って25度の湾曲。
関節に若干の炎症がおきていました。しかし、先生の診断では・・・
・今のところすぐに手術が必要なほど悪いわけではない
・手術は1年後、5年後にしても同じ
・成長期はほぼ終わっているのでこれ以上の骨の湾曲はない
・高いところからの飛び降りや落下以外は普通にしてもOK
・関節の炎症は足の湾曲が直接の原因ではないでしょう。ここ1~2週間にできたもの
ということです。
結論は、3ヶ月後にまた診察をして状態を見て手術をするかどうか判断しましょう
という事になりました。もしかすると状況に変化がなければ手術は必要ないかも
しれません。
さらに、ほぼ今まで通りドッグランなどで遊んでも問題ないという診断!
ちなみに手術した場合は、尺骨、橈骨両方を切ってプレートを埋め込んで
まっすぐに矯正する方法をとるそうです。
というわけで3ヶ月後の予約を取って帰ってきました。
とにかくあまり心配なさそう(最後の手段として手術で9割完治)なので
安心しました。股関節もほぼ問題なく、今まで通り遊べるのでブーさんにとっても
とても有意義な診察だったと思います。
今はうれしいの一言です。
心配してくださった皆さん、ありがとうございました。
これからもブーさんのことを見守って頂ければと思います。
・・・・あ、太り過ぎも注意です。

大学病院に行きました” への8件のフィードバック

  1. ブーさん良かったね、次回もまた追いかけ回らせてもらうだワン。byマックス
    いい加減にしないと・・・ ブーさん良かったね心配してただワン。byアリス

  2. 大学病院での診察無駄ではなかったですね。
    うちも今度かかりつけの先生から話が出たら、一度行ってみようと
    このエントリーを見て思いました。
    ブーさんよかったね。またほぼ今まで通り遊べるね。

  3. よかったですね~!
    普通に遊んだり走ったりしてもOKだったら、次回の合宿でミックにつきまとわれても、心おきなく逃げられますね(^^ゞ

  4. よかったですねー。これからも楽しく遊べますね!
    あ、自宅からもブログに遊びに来れるようになりましたので、あしあからず。

  5. ブーさん、思ったより軽症で本当に良かったです
    股関節形成不全も問題ないとの事で・・・
    言われてみれば、うちの婀都夷も
    ビッコひいたり3本足で歩いてる時は、足投げ出して寝てません
    でした・・・なるほど・・
    うちも金曜日に獣医サンに行った時、先生が触診して
    「おっ♪いいね^^」と言って頂けました
    余り神経質になって大事に扱っちゃうより、運動させて
    筋肉つける方向性で行こうかなw
    非常に為になるわかりやすいレポをありがとうございました

  6. ぶーさん、良かったですね。
    これで、パパさん、ママさんと思いっきり走り回れますね!
    太りすぎに注意!これはうちもです。
    頑張ってダイエットだ~~~!

  7. ブーさんよかったね!
    いい結果が出て本当によかったですね(^^)
    普通に生活できて、走ったりしてもいいなら
    何も言うことないですね!
    よかった~~ うちもダイエットは頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。